スマホも格安で購入できテレビCMなどでも目にすることが多くなった人気の格安SIMの楽天モバイルと大手音楽映像レンタルなどで有名なTSUTAYAで購入可能なTONEを比較してみました。

料金形態やシステムが大きく異なるためそれぞれのメリット、デメリットを見比べてお得にスマホを使うことができます。

楽天モバイルとTONEの料金プランの比較

使用可能な容量 楽天モバイル TONE
高速通信なし 525円 1000円
高速通信3GB 900円(3.1GB使可能) なし
高速通信5GB 1,450円 なし
高速通信10GB 2,260円 なし

SMS機能を使用する場合

  • 楽天モバイルでは+120円
  • TONEでは+100円

通話機能を使用する場合

  • 楽天モバイルでは+700円
  • TONEでは+1000円

※楽天モバイルIIJmioどちらも通話機能を契約した場合はSMS機能も無料で使用することができます。
※TONEでは050から始まるIP電話の場合無料で使用することが可能となっています。

楽天モバイルとTONEで大きく違うのは高速通信の有無と電話を利用する場合のサービスの違いです。

TONEは通信容量の制限はありませんが高速通信を使用することができない基本プランとなっており低速通信のみとなっています。(1GB/324円を支払うことで2GBまで高速通信は利用可能)

動画の視聴やよくインターネットを利用するという方は低速通信ではかなりストレスを感じるためTONEはおすすめできません

またTONEでは090や080から始まる電話番号を使用する場合月額1000円の追加料金が発生します。

050の番号を利用するIP電話を使用する場合は総額月額1000円程度で使用することが可能となっておりインターネット動画も見ない、電話もIP電話でも問題ないという方は格安で使用することができます。

※IP電話とは…IP電話はインターネット回線を利用した通話方法で一般的な回線と比較すると格安で通話することが可能となっています。
しかしインターネットの接続状況や混雑具合によっては不安定なことが多く高速移動している場合などの回線が切り替わるタイミングで通話が切れてしまうことがよくあります。

楽天モバイルとTONEの通信速度の比較

通信内容 楽天モバイル iijmio
低速通信 200kbps 1Mbps
高速通信 262.5Mbps なし

低速通信時で比較した場合はTONEのほうが速いですがTONEは高速通信がありません。

通信速度はやはり高速通信がある楽天モバイルのほうがおすすすめとなっています。

楽天モバイルとTONEの通話料金の比較

通話環境 楽天モバイル TONE
通常使用 30秒/20円 30秒/18円(090/080の番号を使用時)
専用アプリ使用時 30秒/10円 1分/21円(050の番号使用時)

通話定額オプション

楽天モバイル
5分かけ放題プラン(850円/月)
5分以内の通話が無料で掛け放題となるプランです。
TONE
3G音声オプション(1000円/月)
090/080の番号をそのまま使用することが可能です。

通話料金を比較してみると若干TONEのほうが安く見えますが090の番号を使用する場合は月額1000円かかりトータルで見ると楽天モバイルのほうが安く利用することができます

IP電話となる050の番号を利用する場合でも楽天モバイルの専用アプリでの通話とほぼ同額となっています。

また楽天モバイルでは5分以内の通話が無料となるオプションサービスもありよく通話される方は楽天モバイルのほうが格安で使用可能です。

楽天モバイルとTONEの比較と評判

楽天モバイルは一般的なキャリア(socomoやau、softbank)と似たプランで格安で使用できるのに対してTONEは独自のプランを使用する形となります。

楽天モバイルとTONEを比較した場合一般的なスマホの使い方なら圧倒的に楽天モバイルのほうが充実したサービスと低料金となっています。

しかしあまり電話もネットもしないけどスマホがほしいという方の場合ならTONEの基本プランを利用すれば格安でスマホを使うことができます。

ネットなどの評判ではTONEはスマホの機種も現在2種類しか選べない。

090/080の電話番号を使用する場合毎月1000円のオプションに加入する必要があるなどサービスの少なさからあまり評判はよくありません。

楽天モバイルはさまざまなさービスやオプション、機種などが選べることから楽天モバイルのほうが評判も高くなっています。

小さなお子様やあまりスマホを使用しないご年配の方にはおすすめのTONEですがそれ以外の方は楽天モバイルのほうがお得に使うことが可能となっています。